環境ソリューション企業総覧2015Web
荏原実業株式会社〈ターボブロワ技術グループ〉

荏原実業株式会社〈ターボブロワ技術グループ〉

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

空気浮上式単段ターボブロワ
「EJターボ」


荏原実業株式会社〈ターボブロワ技術グループ〉

http://www.ejk.co.jp/


省エネ・高効率のブロワ

 公共下水処理では、ばっ気用ブロワの消費電力量は全体の約40%を占めると言われている。そのため、ブロワの効率を改善することで、下水処理に必要な消費電力量を大きく削減することが可能となる。

 荏原実業はこの点に着目し、従来普及しているブロワよりも高効率の空気浮上式単段ターボブロワ「EJターボ」を開発した。下水処理場や民間工場などの水処理ばっ気用途で、既に400台以上の納入実績がある。

 EJターボは次の3つの特徴により、高効率を実現している。

①動圧空気圧力による空気浮上式軸受
   ⇒機械損失ゼロ
②3次元解析高効率の単段羽根車
   ⇒流体的損失を低減
③永久磁石同期モータ
   ⇒鉄損、銅損による熱損失を低減

9_02_01
ブロワパッケージ外観

9_02_02
パッケージ内部構造

回転速度制御で無駄を削減

 下水処理の省エネ化にはブロワ自体の高効率化だけでなく、ブロワの風量制御方式も重要である。EJターボは風量制御方式にインバーターによる回転数制御を採用した。これにより風量調節時の無駄を削減することができる。また、DO値でブロワを直接制御できるようになり、最適なばっ気量での運転が可能となる。

分散設置によりさらに省エネ

 従来機と比較して小型・軽量であるEJターボは、ばっ気槽付近への分散設置が容易である。分散設置により圧力損失を低減することで、さらなる省エネ化が期待できる。

9_02_03
空気軸受の構造

9_02_04
羽根車(SUS630製)

概略仕様(機器設計点)

 ・吸込風量:26~250m3/min
 ・吐出圧力:~76.4kPa
 ・消費電力:43~300kW
 ・電圧:3φ×380~460V/50~60Hz

« »