ポリプラスチックス株式会社

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_01_01

バイオ燃料中での樹脂寿命予測技術の開発 ポリプラスチックス株式会社 www.polyplastics.com/  二酸化炭素(CO2)の排出抑制による地球環境保全への関心の高まりや最近の原油高騰からトウモロコシ、サトウキビなどを原料とするバイオ燃料(エタノール混合燃料)が注目され、近年は主に自動車燃料として世界各国で導入されはじめている。その結果、部品を構成する材料について、バイオ燃料に対する耐久… [続きを読む]

荏原実業株式会社〈ターボブロワ技術グループ〉

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_02_04

空気浮上式単段ターボブロワ 「EJターボ」 荏原実業株式会社〈ターボブロワ技術グループ〉 http://www.ejk.co.jp/ 省エネ・高効率のブロワ  公共下水処理では、ばっ気用ブロワの消費電力量は全体の約40%を占めると言われている。そのため、ブロワの効率を改善することで、下水処理に必要な消費電力量を大きく削減することが可能となる。  荏原実業はこの点に着目し、従来普及しているブロワより… [続きを読む]

株式会社環境総研

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_03_01

高純度のバイオディーゼル燃料精製により、廃油の燃料転換が本格化 株式会社環境総研 www.kankyosoken.co.jp/vd200/  バイオディーゼル燃料(BDF)は廃食用油などの廃油を精製しトラックや建機、発電機などディーゼル機関の燃料として転換利用するわけだが、精製工程において、非水溶性の不純物が残留し、それが燃料化において実用的なレベルへの純度を保てない理由の一つであった。(株)環境… [続きを読む]

住友精化株式会社〈ガス事業部〉

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_04_01

超小型水素製造装置 住友精化株式会社〈ガス事業部〉 http://www.sumitomoseika.co.jp  超小型水素製造装置「SMAT-20型」(写真)は、住友精化がPSA装置総合メーカーとして培ったエンジニアリング技術を基に、アンモニア分解法などの代替用に最適なオンサイト型として独自開発したメタノール改質器とPSAを組み合わせた超小型の水素製造装置である。  凝縮液を分離した改質ガスは… [続きを読む]

新東工業株式会社

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_05_03

パッケージ型 排ガス浄化装置2機種を開発 新東工業株式会社 www.sinto.co.jp  新東工業は鋳造関係設備のトップメーカーである。1934年設立以来、鋳造業界をはじめ各素形材産業の品質改善、生産性向上、環境保全に貢献してきた。この鋳造プラントエンジニアリング技術から生まれた独創的な環境テクノロジーを用いて、大気、水処理、廃棄物処理、リサイクルに関する様々な問題を解決している。  また、こ… [続きを読む]

大陽日酸株式会社

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

オンサイト式、オフサイト式、移動式の全てに対応:パッケージ型水素ステーション「Hydro Shuttle」 大陽日酸株式会社 www.tn-sanso.co.jp/  走行時にCO2を全く排出しない次世代自動車として、電気自動車(EV)とともに燃料電池自動車(FCV)が注目されている。このFCVへ燃料となる水素ガスを供給するのが水素ステーションと呼ばれる設備である。2014年12月にトヨタ自動車(… [続きを読む]

大陽日酸株式会社

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_07_02

超電導電力機器向け冷却システムへの取り組み 大陽日酸株式会社 www.tn-sanso.co.jp/  電気抵抗がゼロとなる現象は一般的に超電導と呼ばれ、特定の材料を-200℃以下まで冷却することで得ることができる。この特長を活用すると効率的な電力機器や強力なマグネットが実現可能となるため応用研究が幅広く進められている。このうち送電ケーブルへの応用では、都市部の既存送電網の大容量化、直流送電におけ… [続きを読む]

エア・ウォーター株式会社

■環境ソリューション企業編 09_環境対応型技術・製品編

s-9_08_01

地下水から低コストで農業用水製造、栄養分残し、安全な水を供給 エア・ウォーター株式会社 www.awi.co.jp/ 株式会社日本海水 www.nihonkaisui.co.jp/  エア・ウォーターグループの日本海水は㈱奥村組と共同で地下水中に含まれスケール発生を引き起こす鉄やマンガンを除去しつつ、栄養素であるアンモニア性窒素を残すことが選択可能な処理設備を開発し、実機を設置した。この度、本技術… [続きを読む]