インタビュー エコビジネスネットワーク 安藤眞氏

特集 特集1 地球温暖化(GLOBAL WARMING)対策の新事情

t1_01_05

わが国の環境ビジネス~全産業分野に裾野を広げる~   エコビジネスネットワーク 安藤眞代表に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部    環境ビジネスに関わる市場規模は着実に成長し続けている。その規模、環境省の調査によると、すでに80兆円を超えている。一方で、雇用規模も増大する傾向を示している。その背景には、環境ビジネスがありとあらゆる産業に対して関わりをもつことと、中核をなす… [続きを読む]

インタビュー 地球環境産業技術研究機構(RITE) 都筑秀明氏

特集 特集1 地球温暖化(GLOBAL WARMING)対策の新事情

t1_02_01

排出CO2大幅削減の革命児として期待されるCCS 地球環境産業技術研究機構(RITE) 都筑秀明グループリーダーに聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  地球温暖化の最大要因は、さまざまな産業施設から排出されるCO2だ。いまCO2大幅削減の対策が緊急課題であるが、それには複数の対策が不可欠とされる。数ある対策の中で、注目される技術が、排出CO2を地球環境に影響を及ぼさないよう地中に安定かつ安全に… [続きを読む]

インタビュー 自動車用内燃機関技術研究組合(AICE) 大津啓司氏

特集 特集1 地球温暖化(GLOBAL WARMING)対策の新事情

t1_03_04

自動車業界8社で取り組む燃費向上と排出ガス浄化技術   自動車用内燃機関技術研究組合(AICE) 大津啓司理事長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  地球温暖化対策には、国の内外を問わず産官学といった全体規模で取り組むことが肝要だ。とりわけ産業界では、様々な制約が伴うにせよ、各社の協調に基づく取組みが重要視されている。  このことは、わが国の自動車業界も例外ではなく、このほど国内メ… [続きを読む]

インタビュー 国立環境研究所(NIES) 芦名秀一氏

特集 特集1 地球温暖化(GLOBAL WARMING)対策の新事情

t1_04_03

長期低炭素社会の実現めざして~日本版2050パスウェイ・ カリキュレーターの開発~   国立環境研究所(NIES) 芦名秀一主任研究員に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  長期にわたり現実的な低炭素社会実現をめざすには、エネルギー需要を満たしながらも、CO2など温室効果ガス排出量を削減するための選択肢を多角的に追究していく必要がある。  独立行政法人国立環境研究所(NIES:Nat… [続きを読む]

インタビュー 林野庁 鈴木綾子氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_01_02

わが国の実情にマッチする木質バイオマスへの期待~国土70%が森林~ 林野庁 鈴木綾子課長補佐に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  近年、再生可能エネルギーの一つとしてバイオマスに対する関心が高まっている。バイオマスは生物に由来する例えば農作物の残さや下水汚水処理による有機物、家畜の排泄物、家庭の生ごみほか様々なものがそのエネルギー源候補として挙げられている。中でも国土の約70%が森林という世… [続きを読む]

インタビュー 日本環境衛生センター 高橋克行氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_02_02

動態が複雑な「PM2.5」を追う 日本環境衛生センター 高橋克行課長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  PM(Particulate Matter)2.5の話題が世間を賑わせ始めたのは、ここ数年のことだ。しかし実は、その歴史はずっと以前から存在していたそうだ。特に、人体に入り込んだこの微粒子は、呼吸器系や循環器系など健康に及ぼす影響が懸念材料としてあげられている。  ここでは、大気保全や健… [続きを読む]

インタビュー 地中熱利用促進協会 笹田政克氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_03_04

急速に導入進む地中熱利用システム~新規建物などを中心に国/自治体も推進~ 地中熱利用促進協会 笹田政克理事長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  昨今、空調をはじめ融雪、温水プールなど、地中熱利用に対する気運がにわかに高まってきた。環境省が2012年に公表した地中熱利用システム設置件数をみても、前年比40%を超える伸び率であった。もともと地中熱利用システムは、70年代の石油危機を契機に、その… [続きを読む]

インタビュー 全国廃棄物教育センター連合会 松岡力雄氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_04_05

廃棄物処理実務資格者検定の取組み 全国廃棄物教育センター連合会 松岡力雄理事長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  廃棄物処理業の社会的な評価向上をめざした処理業従事者向けの「リサイクルマスター3級」及び廃棄物ドライバー向けの「ECOドライブ安全認定3級」といった二つのNPO資格検定の地道な歩みが注目を集めている。  言うまでもなく、廃棄物収集処理及びその運搬業務は、企業や家庭生活などにおい… [続きを読む]

インタビュー サントリービジネスエキスパート岸重信氏 菊池大輔氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_05_04

ペットボトルからペットボトルに再生する「メカニカルリサイクル」に挑む サントリービジネスエキスパート   岸重信部長/菊池大輔氏に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  ペットボトルにおけるリサイクルの世界に、新たな技術革新が起こり、大きな変貌を遂げようとしている。これまでペットボトルの多くは、衣料や食品用パックとしてリサイクルされていた。サントリービジネスエキスパートでは、“ペットボトルをペッ… [続きを読む]

インタビュー テクノヒル 鈴木一行氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_06_03

労働安全衛生法改正に伴い中小規模事業場を対象に化学物質のリスクアセスメントを支援 テクノヒル 鈴木一行社長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  建築や印刷などの作業現場では、洗浄等のために化学物質を使用するケースが多い。化学物質には危険性や有害要因が潜んでおり、使い方ひとつで、作業員に思わぬ健康被害をもたらす危険性も孕んでいる。こうした状況をふまえ、先ごろ労働安全衛生法が改正、リスクアセスメ… [続きを読む]

インタビュー インテル 荒木義満氏

特集 特集2 リスク社会の環境課題とソリューション

t2_07_02

IoTによる環境監視・分析技術を読み解く インテル 荒木義満広報室長に聞く 聞き手:環境ソリューション編集部  「IoT*」は環境分野では余り聞き馴れない新しいIT(情報通信)用語になるが、果たして環境分野に適用される技術になるのであろうか。関連技術などを予め独自に調べてみると、とくに社会的に重要な役割を果たす環境監視・分析の分野では、IoTの役割が従来にも増して大きくなってきているようだ。___… [続きを読む]

テクノヒル

01_大気環境対策 環境ソリューション企業編

1_01_01

液体に含まれる微量放射線の核種同定測定 テクノヒル www.technohill.co.jp/ 米ミリオンテクノロジーズ社製品の提供で国内の環境課題に応える  テクノヒルは「見えないものを見えるように、わかりづらいものをわかりやすく」をモットーに環境管理技術などを提供し、社会貢献する企業として2006年に設立された。  同社社長の鈴木一行氏が商社勤務時代に培ったグローバルな感覚、ネットワークを生か… [続きを読む]

オルガノ/環境テクノ

02_水質・土壌対策 環境ソリューション企業編

2_01_01

豊富な調査実績と多彩な原位置浄化技術で一層の飛躍を図る オルガノ/環境テクノ www.organo.co.jp/www.eco-techno.co.jp/  平成3年に、土壌の汚染に係る環境基準が設定されて以降、土壌・地下水汚染調査実施数が増えたことを受けて、揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)、重金属(第二種特定有害物質)、油等の環境基準値超過事例判明数が急激に増加し、大きな社会問題となってい… [続きを読む]

東レ

02_水質・土壌対策 環境ソリューション企業編

2_02_03

世界の“水環境”の課題解決に貢献する東レの水処理膜技術 東レ www.toray.co.jp/ 地球温暖化が水不足をさらに加速  地球温暖化に関する議論が世界中で繰り広げられる中、温暖化の影響の一つとして大規模な水不足、それによる農業への打撃。安全な飲料水確保の難しさが引き起こす感染症増加への対策が急務となっている。今すでに世界で8億人が飲料水すら手に入らない状態であり、今後も極めて深刻な水不足に… [続きを読む]

日東電工

02_水質・土壌対策 環境ソリューション企業編

2_03_01

RO膜技術で水処理問題に挑む 日東電工 www.nitto.com/jp/ja/  世界的に深刻化する水不足、水質汚染。人口増と都市化の進展により水を取り巻く環境は厳しさを増している。そうした水問題の解決に逆浸透(RO)膜を中心として貢献しているのが日東電工。需要が増加している海水淡水化、排水リサイクルでは世界市場でトップクラスのシェアを持ち、さらなる事業拡大に取り組んでいる。水問題の深刻化、広が… [続きを読む]

小松電機産業

02_水質・土壌対策 環境ソリューション企業編

1_04_03

周藤彌兵衞翁の物語から生まれたやくも水神~「地方創生」実現する、広域クロスオーバー管理~ 小松電機産業 www.komatsuelec.co.jp  小松電機産業は、シートシャッターhappy gate門番システム、クラウド総合水管理システム「やくも水神」ネットワーク、人間自然科学研究所の3つの事業を通じて、「社業を通じて社会に喜びの輪を広げよう」「おもしろ おかしく たのしく ゆかいに」「三方良… [続きを読む]

島津製作所

02_水質・土壌対策 環境ソリューション企業編

2_05_01

VOC土壌汚染に対する新たな原位置浄化技術の誕生~電気発熱法について~ 島津製作所 www.shimadzu.co.jp VOC土壌汚染とこれまでの原位置浄化  テトラクロロエチレン(PCE)やトリクロロエチレン(TCE)などの揮発性有機化合物(VOC)は、製造業などで様々な用途に幅広く利用されてきたため、現状でも広範囲におよぶ土壌・地下水に対する相当数の汚染があるとされ、発がん性が疑われる物質で… [続きを読む]

月島環境エンジニアリング

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_01_08

環境設備エンジニアリングのトップメーカー、廃棄物からのリサイクル、エネルギー回収を推進 月島環境エンジニアリング www.tske.co.jp/  月島環境エンジニアリングは月島機械グループの一員として民間向け環境装置事業を担う。  1958年の創業以来、化学工業や製鉄分野のエンジニアリングで培った技術をベースに環境装置事業を手掛けてきた。中でも、廃液の焼却処理設備はパイオニア的存在で、国内のみな… [続きを読む]

帝人

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_02_02

150社以上が参画するポリエステルリサイクル「エコサークル」 帝人 www.teijin.co.jp/ ポリエステルの循環型リサイクルシステム「エコサークル」  帝人は2007年に「環境経営宣言」を発表し、「環境ビジネス」を推進している。石油資源の枯渇問題に対応するためポリエステルのリサイクル、カーボンニュートラルに貢献するバイオプラスチック、排水を循環・再利用する水処理技術などに注力している。そ… [続きを読む]

パナ・ケミカル

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_03_01

全国2,000社以上から回収する再生プラスチックは月7,000トン パナ・ケミカル www.panachemical.co.jp/  パナ・ケミカルは廃発泡スチロールや廃プラスチックを処理するリサイクル処理機を、日本全国の工場や、魚などの卸売市場、そしてリサイクル事業者のサイトへ設置してプラスチックを減容化、粉砕・選別処理し、高純度の再生材として有価で購入して、中国を中心に、東南アジア各国へも90… [続きを読む]

御池鐵工所

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_04_02

社会から必要とされる未利用資源活用プラントを次々と提供 御池鐵工所 www.miike.co.jp  御池鐵工所は1953年に創業以来、一貫してリサイクルプラントに携わってきている。「廃棄物の埋立・焼却の時代からリサイクルする時代へ」と大きなパラダイムシフトが起きるなか、同社は新しい産業の創出をめざし、未来に向けた企業活動のコンセプトを「リサイクル・ルネッサンス」と命名し、活動を展開している。  … [続きを読む]

モリタ環境テック/モリタホールディングス

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_05_02

多彩な資源選別機で、リサイクル促進~モリタグループの環境関連事業を担う~ モリタ環境テック/モリタホールディングス www.morita119-kt.com/www.morita119.com/  モリタ環境テックは、消防車や消火器など防災用品メーカー、モリタのグループ会社で、2008年に分社した。モリタエコノスとともに、グループの環境関連事業を担っている。環境関連機器の生産拠点は、千葉県北西部の… [続きを読む]

NTN

03_リサイクル・廃棄物対策 環境ソリューション企業編

3_06_01

研削スラッジのリサイクル技術を確立し、ゼロエミッションの実現に貢献する NTN www.ntn.co.jp/japan/  さまざまな回転部分を支え摩擦の低減と省エネルギーに寄与する軸受(ベアリング)は、機械に欠かせない重要部品だ。NTNは国内トップクラスの軸受メーカーで、環境対応でも業界の先頭を走る。一般的に軸受は金属製の外輪、内輪、転動体(玉、ころ)からなるのだが、こうした部品を金属から削り出… [続きを読む]

東芝

04_再生可能エネルギー 環境ソリューション企業編

4_01_01

2020年モジュール変換効率目標20%を達成~世界最高レベルの 発電力の住宅用太陽光発電システム~ 東芝 www.toshiba.co.jp/  住宅用太陽光発電システムで、パナソニックやシャープ、京セラなどの大手を向こうに回し存在感を発揮する東芝。それは、世界最高レベルの発電力を誇る太陽電池モジュールの存在がある。米国サンパワー社の単結晶太陽電池セルを採用し、最大250ワットの出力を実現した。太… [続きを読む]

日立製作所

04_再生可能エネルギー 環境ソリューション企業編

4_02_04

資金調達から高効率メガソーラーの供給、長期保守を一括提供。日本の地形に適したダウンウィンド方式風力発電システムを供給、洋上風力の開発にも参加 日立製作所 www.hitachi.co.jp/  日立製作所は導入量が増えている再生可能エネルギー分野においてメガソーラー(大規模太陽光発電システム)事業と風力発電システム事業を展開している。メガソーラーにはグループの技術力と製品力を結集し、高効率発電シス… [続きを読む]

東京ガス

05_省エネルギー 環境ソリューション企業編

5_01_01

地球温暖化対策、停電リスク、電力不足に威力を発揮する家庭用燃料電池「エネファーム」 東京ガス www.tokyo-gas.co.jp/  東京ガスの「エネファーム」は都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、その際に出る熱も給湯に利用するコージェネレーション(熱電併給)システムである。「エネファーム」は家庭に設置するため送電ロスはなく、熱も無駄なく活用できるため総合エネルギー… [続きを読む]

旭化成ホームズ

06_住・生活環境対策 環境ソリューション企業編

6_01_01

独自の住まい方「しぜんごこちの家」を通じて「心地よさ」の実現と低炭素社会に貢献 旭化成ホームズ www.asahi-kasei.co.jp/habel  JR大宮駅の東口からゆっくり歩いて12分。埼玉県さいたま市大宮区の幹線道路沿いに、3階建ての瀟洒な住宅展示場が建っている。これが旭化成ホームズの「街かどへーベルハウス大宮東町(五更観月の家)」である。  同社では自然を住まいに取り入れ、自然の心地… [続きを読む]

積水化学工業・住宅カンパニー

06_住・生活環境対策 環境ソリューション企業編

6_02_03

エネルギーの自給自足を目指す“未来基準の家”をさらに進化させた「スマートパワーステーション」シリーズを発売 積水化学工業・住宅カンパニー www.sekisuiheim.com  住宅や建築物の省エネルギー化が、低炭素社会の実現や地球環境を改善するうえで緊急の課題に挙げられている。政府も2020年を目標に、家庭からの一次エネルギーの年間消費量を概ねゼロとする「ネット・ゼロ・エネルギー住宅」(ZEH… [続きを読む]

ポラスグループ・中央住宅

06_住・生活環境対策 環境ソリューション企業編

6_03_01

豊富な植栽と良好な住環境を目指した子育て世代向け分譲住宅「オランジェ新松戸」 ポラスグループ・中央住宅 www.polus.co.jp  東京のベッドタウンのひとつである千葉県松戸市に、子育て家族を対象にして住環境を重視した分譲住宅が来春に誕生する。埼玉や千葉県、東京都の一部を商圏に、木造一戸建て住宅などを建設・供給しているポラスグループの中央住宅が街づくりを進めている「オランジェ新松戸」(総戸数… [続きを読む]

東亜ディーケーケー

07_環境関連ソフトサービス 環境ソリューション企業編

7_01_03

環境負荷に配慮した分析計 東亜ディーケーケー www.toadkk.co.jp  東亜ディーケーケーは創業70年を迎えた環境計測分析計の老舗である。大気環境、環境水質に関わる分析計を供給している。環境の状況を測定することは環境浄化の第一歩ではあるが、それだけで、浄化が実現するものではない。燃料油中の硫黄分の低減化によって大気に排出されるSO2を削減するなど、根本的な環境浄化策も進められている。同社… [続きを読む]

沖電気工業

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_01_02

環境経営を高度化環境ビジョン達成に向けて目標値を設定、商品でも環境負荷低減に貢献 沖電気工業 www.oki.com/jp/  沖電気工業(OKI)は2014年4月、環境経営の推進体制を強化した。OKIグループの「環境ビジョン2020」に定量目標を設定し、到達点を明確にした。ビジョンにある1つ目のテーマである「低炭素社会の実現」に向けては事業活動におけるエネルギー使用量を2012年度比売上高原単位… [続きを読む]

クラレ

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_02_02

「つくる→使う→生かす」の各領域で環境配慮 クラレ www.kuraray.co.jp  クラレは、1950年に合成繊維ビニロンの事業化に世界で初めて成功、その後高分子化学、合成化学の独自技術をベースに繊維に加え高機能樹脂など化学品分野でも世界的な競争力を持って発展を続けてきた。  環境問題に対しても積極的に関与し、問題解決に向けた取り組みを展開している。同社の「企業ミッション」では、「自然環境と… [続きを読む]

月島機械

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_03_01

「環境・エネルギー分野への注力」で、最新の汚泥処理システムとビジネスモデルを提供 月島機械 www.tsk-g.co.jp/  月島機械グループは、中期経営計画(平成25年4月~平成28年3月)において「環境・エネルギー分野への注力」、「海外事業の拡大」、および「全社コストダウンの推進」を重点施策としている。主な事業として、上下水道設備を主要マーケットとする水環境事業[官公需]と、国内外の化学、鉄… [続きを読む]

東芝環境ソリューション

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_04_01

資源循環社会の実現をめざして成長を続ける総合環境ソリューション企業 東芝環境ソリューション www.toshiba-tesc.co.jp/  東芝環境ソリューションは、総合環境ソリューション事業を推進する企業として東芝が全額を出資する戦略企業である。東芝グループとしての高い社会的責任の意識が会社の基盤であり、設立以来50年以上、社会の要請に応えている。同社は今年旧社名:株式会社テルムから新社名:東… [続きを読む]

東レ

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_05_03

ライフサイクルマネジメントによる地球環境問題への挑戦~環境負荷の軽減と経済成長を目指して~ 東レ www.toray.co.jp/ 地球環境問題  地球環境問題が生じるにつれ、企業にとってもあらゆる場所での省資源化、省エネ化を通じた二酸化炭素(CO2)排出量の削減が求められている。国連の集計によると、世界の人口は2000年の約61億人から、2013年には70億人を越えるまでに増加した。2050年に… [続きを読む]

日本製紙

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_06_02

“総合バイオマス企業”を標榜し、新たな事業領域を開発 日本製紙 www.nipponpapergroup.com/ 「木」の利用で持続可能な社会の構築に寄与  地球温暖化や化石資源の枯渇などに直面している現在、これらの課題克服に向けて再生可能な資源である「木」の利用に関心が高まっている。こうした状況下、日本製紙は、2012年からの「第4次中期経営計画」で「事業構造転換に向けた取り組み強化」を打ち出… [続きを読む]

三井物産

08_総合ソリューション 環境ソリューション企業編

8_07_02

経済と環境の調和を目指す「三井物産の森」~国産材の積極利用で 失われた60年を取り戻す。 環境保護+伝統・文化・技術の伝承~ 三井物産 www.mitsui.com/jp/ja/ 他人事ではない、山林の土石流災害  国土の約7割を占める森林大国の日本だが、GDPに占める林業の割合は1%程度まで落ち込み、何十年もかけて育てたはずの1ヘクタール当たりの杉材の価格が、下手をすると100万円を切ってしまう… [続きを読む]

エア・ウォーター株式会社/株式会社日本海水

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_01_01

地下水から低コストで農業用水製造、栄養分残し、安全な水を供給 エア・ウォーター株式会社 http://www.awi.co.jp/ 株式会社日本海水 http://www.nihonkaisui.co.jp/  エア・ウォーターグループの日本海水は⑭奥村組と共同で地下水中に含まれスケール発生を引き起こす鉄やマンガンを除去しつつ、栄養素であるアンモニア性窒素を残すことが選択可能な処理設備を開発し、実… [続きを読む]

荏原実業株式会社〈Kターボブロワ技術グループ〉

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_02_04

空気浮上式単段ターボブロワ「Kターボブロワ」 荏原実業株式会社〈Kターボブロワ技術グループ〉 http://www.ejk.co.jp/ 省エネ・高効率のブロワ  公共下水処理では、ばっ気用ブロワの消費電力量は全体の約40%を占めると言われている。そのため、ブロワの効率を改善することで、下水処理に必要な消費電力量を大きく削減することが可能となる。  荏原実業はこの点に着目し、従来普及しているブロワ… [続きを読む]

株式会社環境総研

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_03_02

廃油を燃料に変える高純度バイオディーゼル燃料製造装置 株式会社環境総研 http://www.kankyosoken.co.jp/  地産地消のキーワードを伴ってリサイクルの好事例が聞こえてくる。主役の1社は(株)環境総研。BDF(バイオディーゼル)燃料製造装置納入で地域ごとの導入実績を着実に築き上げているメーカーだ。業界ではリサイクル率の高さで知られる、(有)そおリサイクルセンター(鹿児島県曽於… [続きを読む]

住友精化株式会社〈ガス事業部〉

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_04_01

超小型水素製造装置 住友精化株式会社〈ガス事業部〉 http://www.sumitomoseika.co.jp  超小型水素製造装置「SMAT-20型」(写真)は、住友精化がPSA装置総合メーカーとして培ったエンジニアリング技術を基に、アンモニア分解法などの代替用に最適なオンサイト型として独自開発したメタノール改質器とPSAを組み合わせた超小型の水素製造装置である。  凝縮液を分離した改質ガスは… [続きを読む]

新東工業株式会社

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_05_03

分解効率と熱回収性能を併せ持つ排ガス浄化装置2機種を開発 新東工業株式会社 http://www.sinto.co.jp  新東工業は鋳造関係設備のトップメーカーである。1934年設立以来、鋳造業界をはじめ各素形材産業の品質改善、生産性向上、環境保全に貢献してきた。そして約半世紀にわたり、この鋳造プラントエンジニアリング技術から生まれた独創的な環境テクノロジーを用いて、大気、水処理、廃棄物処理、リ… [続きを読む]

大陽日酸株式会社

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

SONY DSC

オンサイト式、オフサイト式、移動式の全てに対応:パッケージ型水素ステーション「Hydro Shuttle」 大陽日酸株式会社 http://www.tn-sanso.co.jp/  走行時にCO2を全く排出しない次世代自動車として、電気自動車(EV)とともに燃料電池自動車(FCV)が注目されている。このFCVへ燃料となる水素ガスを供給するのが水素ステーションと呼ばれる設備である。2015年からFC… [続きを読む]

大陽日酸株式会社

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_07_01

省エネ型酸素燃焼式高濃度ガス変成炉「CycroFlex」の開発 大陽日酸株式会社 http://www.tn-sanso.co.jp/  大陽日酸では、酸素ガスを使用し、省エネで高濃度の変性ガスが生成する「省エネ型酸素燃焼式高濃度ガス変成炉:CycroFlex」を開発した。  ガス変成炉とは、自動車部品などの表面の機械的特性向上を目的とした金属熱処理において、熱処理炉の雰囲気ガスを製造する設備であ… [続きを読む]

ダイワボウノイ株式会社

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_08_02

セルロース対応可能なポリプロピレン繊維「デューロン®」 ダイワボウノイ株式会社 www.daiwabo.co.jp/ エコ 流行から現実へ  我々とエコとの関わりは決して短くはない。地球サミットで地球温暖化が叫ばれて20年、クールビズが始まって9年。既にクールビズで夏のノーネクタイは、首長から民間会社まで浸透している。今年の夏は地球温暖化を主要因とする海水温の上昇が、巨大台風の急速な発達と大気の不… [続きを読む]

ポリプラスチックス株式会社

09_環境対応型技術・製品編 環境ソリューション企業編

9_09_01

バイオ燃料中での樹脂寿命予測技術の開発 ポリプラスチックス株式会社 http://www.polyplastics.com/  二酸化炭素(CO2)の排出抑制による地球環境保全への関心の高まりや最近の原油高騰からトウモロコシ、サトウキビなどを原料とするバイオ燃料(エタノール混合燃料)が注目され、近年は主に自動車燃料として世界各国で導入されはじめている。その結果、部品を構成する材料について、バイオ燃… [続きを読む]

環境ソリューション企業総覧2014 Web版

環境ソリューション企業総覧2014

eco14_cover

環境ソリューション企業総覧2014年度版 深刻化する地球温暖化、世界各地で頻発する環境破壊・異常気象。企業、社会の取り組みは一層重要になっています。本書では、環境改善のために様々なソリューションを開発・提供する企業を紹介します。特集「地球温暖化対策の新事情」「リスク社会の環境課題とソリューション」などを紹介します。 ◎特集1 地球温暖化(GLOBAL WARMING)対策の新事情  わが国の環境ビ… [続きを読む]